2015年12月28日月曜日

焚き火と薪ストーブ

 

焚き火の向こうに、薪ストーブが燃えている。

 信州の駒ヶ根で、リフォーム改築した蔵にて薪ストーブと共に、3年間暮らした。
 南国産まれの小学42年生にとって、真冬のマイナス14~15度の日々の暮らしは始めての経験だった。
 風呂が蔵の外裏にあったため、部屋に戻る数秒の外気で、濡れたタオルが凍って固まり、朝起きると窓際の花瓶の水が凍っているのには驚いた。
 それとは知らず、初年度の秋にガスと電気を止め、薪ストーブひとつで、信州の冬を過ごしたのだった。
 暖房はもちろん、風呂のお湯と食事のまかない全てを、薪ストーブの熱源だけで暮らしたのである。
 夏から初冬にかけ4ヶ月の毎朝、玉切りされた針葉樹の切株4~5個を斧で割る薪作りを、出勤前の日課としていた。日々積み重なってゆく薪山の姿に豊かさを感じ、しばらくウットリと眺める余裕を楽しんでいた。
 その薪山も冬の訪れと共に、見るみるうちに低くなり、2月手前の一番寒い時期には、さらなる薪の節約をするハメになった。
 2月~3月のあいだは、暖かい薪ストーブの周囲2メートル圏内が生活範囲となり、20畳ほどの広い蔵のなかで、4畳半的生活を強いられたのである。
 そんな日常も、南国産まれの小学43年生にとっては始めての経験であり、あらゆる出来事が新鮮でかつ楽しい雪国の暮らしの日々だった。

 数多くのアウトドア・ライフで繰り返された、焚き火の炉床遊びは、直火と関わる多くのことで、結果、日々の暮らしの生活エネルギーへと思いを馳せることになるのだった。
 薪を燃やす試行錯誤の火遊びの体験をきっかけに、お湯を沸かし、その温もりで体を暖める。薪一本の熱エネルギーによって外気の寒さから身を守ることの実感をとおして、樹木や森の大切さを学ぶのである。
 南の島に暮らす今の私は、これから訪れるであろう雪国の寒い冬に、赤々と燃える薪ストーブの炎に想いを馳せ、無人島の砂浜で、小さな焚き火と遊び暮らしているのだった。
 
 そうそう、大切なことをひとつ。信州の山奥・川上村にて、我敬愛する、孤高に生きる実存主義哲学者&作家である賢者の「教え」を記しておこう。 
曰く、

「好きなこと、やりたいことがあるなら、今すぐやりなさい。
人生は思っていたよりも短く また長い。
夢があるなら、今すぐ、その夢の実現に励め。
夢は、夢見た者を裏切らない。
人が、夢を裏切る。

この世は今、混沌として無秩序で、あてどない。
民主主義という金糸の御旗が、ぼろぼろになってはためいているからである。
時代のドグマ(教条)に陥るな。歴史家の眼差しを持て。
自分たちが今生きている時代が、どんな世界なのかをみつめよう。
どうしたら時代の狂気に巻き込まれないで、シンプルに生きていけるかを考えよう。

目の前に燃える薪の炎と、自分を信じて 実存的な孤独を友としなさい。
自然を敬い、人生を楽しめ。」

薪の炎が、そう「教え」ている。
Thank you for Mr.Tabuchi Yoshio & Saiko-san,
Mr.Paul Kastner, your kindness,



2015年12月9日水曜日

John, We Miss You.


I'm Shot! 


198012月8日夜pm10:50(アメリカ東部時間/日本時間12月9日昼pm0:50) 
ジョン・レノンが撃たれた。

198012月9日、当時、東京世田谷・烏山のマンション外階段で、YAMAHA・SR500のキャブレターをオーバーホールしていた私の耳に、開けっ放しのドア越しに聞こえるFMラジオpm1:50~2:00前後のトップ・ニュースが、ジョンの死を伝えてきた。

あれから35年が流れた。

 

ジョンが生きていたら、この時代、どんな曲を作っていただろう?

今日は一日中、 
ジョンの曲を聴いている。

God
Imagine
Love
そして、
ジョンの魂の叫び、Mother

その魂に触れると、 
涙が流れる。 
ジョンが生きていたら、 
この時代、どんな曲を作っていただろう?

John, We Miss You.


2015,12,9~pm0:50












2015年11月26日木曜日

ヤメッちまえ!



大嘘つきの、東京オリンピック2020


「福島原発事故、放射能汚染はすべてコントロールされている。」と、世界に向けて「大嘘」をついた誰かさんの大会誘致メッセージに始まり、関係者の誰ひとり責任をとらない新国立競技場の建設費どんぶり勘定ハゲタカ食い合い予算2500億円(国民の血税!)に、オリンピック大会ロゴマークのデザイン・かっぱらい・コピーペーストお笑い発覚事件など、関わるほとんどの出来事が、嘘、搾取、隠蔽、ハッタリ・ペテン師の集合体であることがバレても、誰も責任をとらない、シッポ切り大会組織委員会およびその関係者(社)たち。
大会に向けてのスタートから蹴つまずいた、こんなハッタリ・ペテン師の集合体では、2020年の大会が絶対にウマく事が進むはずがない!と想うのだが。
そんなインチキ東京オリンピックの前に、今すぐにでもやるべき事がある。
そもそも、福島の原発事故を起こした東京電力への責任追及およびその解体処分をはじめ、福島県やその周辺に今なお原発事故・放射能拡散による数百万人という被害者たちの日々の苦しみに対し、なにひとつ解決策を講じきれない、政府の無能集団の無責任さ。あきれるよ、まったく。
オリンピックの前にやるべきことは、福島の原発事故収束に向けての事故対応であり、まずもって最初に行うことは、放射能被害から福島の人々やその周辺の数百万という人々の生命と財産の救済と保証だよ。小学生でもわかる、そんな「愛ある政治」だと想うよ、安倍の晋三サン!
ましてや、今現在の中東情勢を見れば、向こう5~6年間は世界的にオリンピックのお祭り騒ぎどころではないんだよ。いったい、欧米諸国およびイスラエルの愛無き政治家どもは、どれだけのイスラムやアラブの人々を空爆撃や戦車砲撃で殺戮し続ければ気がすむのだろう。
この虐殺の繰り返しでヘタをすれば、欧米諸国・イスラエル対イスラムの国々との全面戦争、すなわち中東を起点とする第三次(大惨事)世界大戦に拡大する可能性だってあるんだよ。マジで!
そんな危うい戦時状況下で、どこの国が、オリンピックの「お祭り」バカ騒ぎに参加するのだろうか? 
向こう3軒で大火事がおきている最中に、両隣からは狂犬の後ろ影に隠れながらの身勝手・強がりを嫌われ、家族の中に明日をも知れぬ病に苦しむ者と、狂犬に噛みつかれ、もがき苦しんでいる者がいるなかで、「お祭り」にうつつをぬかし、笑っていられるかい? あきれるぜ、まったく!
オリンピックの前にやるべきことは、
沖縄県の辺野古の新基地建設反対を訴えている人々や、福島県民など、自国民に対しての「愛ある政治」だよ。
ヤメッちまえ!
大嘘つきの、東京オリンピック2020など。
みんな、そう思わないかい?


2015年11月25日水曜日

イスラムのこと 

連日のフランス多発テロ報道に想う。


イスラムのこと


見よ、この惨事を!
パレスチナ、イスラムの国々、そしてシリアの悲劇を!
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=パレスチナの惨事
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=イスラムの惨事
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=シリアの悲劇&oq=&ei=UTF-8&b=81



アメリカよ、イスラエルよ、
どうして、日々の暮らしに電気も水道も乏しい、
イスラムの人々へ、爆弾の雨を落とすのだ。
イスラムの彼らを「テロリスト]と呼びつけ、なんの権利で、
アラブの、イスラムの民を虐殺し続けるのだ。

フランスよ、イギリスよ、
どうして、イスラムの人々へ、爆弾の雨を落とすのだ。
彼らを「テロリスト]と呼び、なんの権利で、
イスラムの民を虐殺し続けるのだ。

アメリカよ、イスラエルよ、
あなたたちは、これまで何万人のアラブ、イスラムの民を殺し続けたのだ。

アメリカよ、イスラエルよ、
そしてフランスよ、イギリスよ、
あなたたちは、これから何万人のイスラムの人々を殺し続けるのだ。

鏡に映る、真の「テロリスト]は、
彼らではなく、罪無き人々を虐殺し続ける、あなたたちだ。

アラブの、パレスチナの、シリアの、
イスラムのすべての人々に、幸せ あれ。

Sting - Desert Rose

https://www.youtube.com/watch?v=1CNiChT7sQE

2015/11・24 に想う

2015年2月24日火曜日

チカラの限り







立ち止まらず 振り返へらず 
光りあふれる 海を
太陽かがやく 大海原を
ただひたすら 漕ぎ続ける 
まだ見ぬ 安息の地へ
立ち止まらず 振り帰らず 
荒れ狂う 波風を
チカラの限り 漕ぎ航る 
遥か 水平線のかなた
まだ見ぬ 安息の地へ
ただひたすら 漕ぎ続ける 
新たなる 放浪の旅 
立ち止まらず 振り返へらず

コッパミジン


母を失い 
13年後の再会を希望に、母の魂と共に生きる日々。 



方や、子供の頃から大切にしていた 
透明な クリスタルのたいせつな「グラス」が砕け散った。 
35年前の1980年12月9日(日本時間)
ジョンレノンの死を伝えるFMニュースを聞いたとき、
これに似た 砕ける想いを感じていた。
今にして想えば、
それは、ただのヒビ割れ にしか過ぎなかった。 
2015年2月20日の深夜
たいせつな「グラス」が砕け散った。 
完全に コッパミジン ニ  
砕け散った。