2019年8月19日月曜日

荒波と無人島

目指すは、荒波の彼方にある 無人の宝島
何も無いとは、全ての可能性があるということ

 誰でも簡単に渡れる場所では多くの宝物は採り尽くされているように、目の前に立ちはだかる荒波を越える漕破力や高い航海技術、強い気力が必要とされる無人島にこそ、まだ多くの宝物が埋もれている。
 雑誌出版もしかり、まだ見ぬ驚きと感動する情報を見つけ出し、それらを誌面を通じて読者に解りやすく解き伝えてこそ、出版不況という荒波を漕破できると想う。

シーカヤックという完成された旅の道具との出会

ひとり大海原へ漕ぎ出す。
 孤独な旅を重ねるごとに己の弱さを知り、そして自らの力で立ちはだかる難関を克服し、その弱さを越えて行く。
 ひと波ひと波に向き合い、たどりついた無人島の砂浜にて、荒波を越えてきた充足の想い、力の限り、自分らしく生きる事の可能性を摸索する。

Cetus Delphina 159 

原風景を求め水面を漂い、スケッチ放浪旅に漕ぎ出す

 フォールディング・カヌーの老舗[フジタカヌー]とシーカヤック&SUPの専門店[Cetus/セタス]がコラボしたカヤック・デルフィーナ Delphina 159 を購入した。
 今年の初秋から南の海をメインに、湖そして多くの河川を漕ぎ、水辺の野宿を楽しみながら、日本のウイルダネス原風景のフィールド・スケッチ放浪旅を再開する。
いざ Out of the Blue の世界へ 再び!


★カヤックの問い合わせ先 
Cetus/セタス http://www.cetusk.com

 





2019年8月13日火曜日

アウトドア・ライフを生業としている仲間たちへ



悪代官〜麻生太郎 が推し薦める「水道民営化」の危険性

我々国民が生きるに大切なライフ・ライン「水道」というシステムが破壊されそうな「水道民営化」を今止めずしてどうするんだ!
アウトドア・ライフを生業としている業界人たちはナゼ声を上げないのだろう?
水道システムの源である水源地としての湖やダム、そして水道水が生活排水として流される河川の環境や治水灌漑の管理、その全てが最終的には我々が生きるに大切な豊穣の「海」へと繋がっているというのに。

  その膨大な治水灌漑の管理システムを、利益優先の民間組織に丸投げ委託したらどうなるかは「水道民営化」に失敗し、その反省からすぐさま国営に戻し、または「国営化」に戻されつつあるフランスとイギリスの実態を見ればその危険性は明白なのだ。
「原発問題」がそうであるように「水道民営化」も同じ、電気や水を牛耳る事によって生じる巨額の利益を、民間企業と株主たちが食い合う「利権」の問題でもある。 
アウトドア・ライフを生業としている業界の仲間たちよ、声に出し 叫べ  真実を!
口の曲がったヤクザな極悪代官・麻生太郎、おなじ太郎でもまったく真逆な、正義感みなぎる 山本太郎 そして「れいわ新選組」の勇気と心意気を見習え!と、想うぜ!
~参考されたし、真実の声を!〜(敬称略)
*参考資料:水ジャーナリスト(アクアスフィア・水教育研究所代表 橋本淳司

日本人は知らない「水道民営化の真実」
フランスとイギリスで起きたこと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865 

*参考資料●浮き世の真実を伝える IWJ ~Independent Web Journal~

IWJが報じてきた水道民営化関連の記事

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%B0%B4%E9%81%93%E6%B0%91%E5%96%B6%E5%8C%96


砂漠の民の様に限られた飲み水で旅を続け、ときに無人島にて恵みの雨に打たれるアウトドアにおいては、水の大切さは身にしみる実感を通して学ぶことになる





2019年8月11日日曜日

Fielder47号 連載vol.29 予告


SKETCH OF FIELD vol.29

連載ラフ・スケッチ


アウトドア雑誌Fielderフィールダーの連載はじめて、はやvol.29回!
さてさて連載5年め、残夏の光りの中、想い出ばなしにもそろそろ飽きてきた。
〜ので、次回・連載30回からは、新しく白いシーカヤック CetusDelphina 159」をごく最近手に入れたことだし〜久しぶりに海や湖・そして幾つかの河川を漂い、水辺のフィールド「スケッチ野宿」の放浪旅をレポートすることに決めた。

今回の連載vol.29のラフ・イメージは 大体こんな感じ。
 今回は、これまでの SKETCH OF FIELD 連載 をほんの少し振り返り、次ぎなる連載vol.30〜 SKETCH OF FIELD 2 OUT OF THE BLUE (仮題)に向けての「座標」もしくは「目標の見定め」を目的とする。
Fielder47号 8月26日(月) 発売予定  乞うご期待!

2019年8月8日木曜日

れいわ新選組 山本太郎 の本気度!

聴け 魂の叫び!


山本太郎 涙する 20190505 福岡・小倉駅 小倉城口前デッキ 参院選 れいわ新選組 全国比例

https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670&fbclid=IwAR0zSNd773q5_esOMIpsieIVo-0ZiDTysZhfK5NvOb2rKY9RB9MsGl2UHco&app=desktop

いま現在、与党側のプロパガンダ・メディアと化したNHKを始め民放テレビ各局が無視し続けている、山本太郎「れいわ新選組」の本気度、そして彼らの叫びを、聴け!

これら山本太郎の真実を叫ぶ姿は、政権側・忖度メディアからは一般国民には絶対に伝えられないだろう。〜この山本太郎の叫ぶ真実の言葉を聴き、投げかける姿を直視すれば気持ちは変わると想うぜ、我々が出来ること、そして彼らと共に時代を変えることの可能性があることを!

政権側に忖度する地上波メディアから無視され続けられた、選挙前の山本太郎の真実の叫び!
涙!
今一度 聴け 魂の叫び を!

https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670&fbclid=IwAR0zSNd773q5_esOMIpsieIVo-0ZiDTysZhfK5NvOb2rKY9RB9MsGl2UHco&app=desktop   


次は政権獲得!れいわ新選組・大旋風でろくでもない奴らを一掃するー山本太郎「れいわ新選組」代表@新宿駅西口

https://www.youtube.com/watch?v=hzOPuaaBzCo&t=4s



やがて来る、次ぎなる衆議院選には、彼らと共に「革命」を起こそうではないか、真の民主主義、国民主権の日本を目指して!


や ヤバイ かも?
 極悪党 しゃ・しぃ・首・しぇ・相












2019年7月31日水曜日

忘れ物

Out of the Blue

 2001年の夏の終わり 奄美の南部・瀬戸内町のヤドリ浜を出発し、20km漕ぎ進んで大島海峡・西側出口の無人島エニヤバナレに上陸し、満天の星降る天国の夜を過ごした。
 翌朝7時、エニヤバナレを漕ぎ出し北西7km先の曽津高崎を回り込んで、岬から北東32km先・奄美本島中部にある大浜海岸目指しその日トータル40km強を9時間ガッツリ漕ぎまくって、大浜にたどり着いたのは日没2時間前の午後4時ごろだった。
 ヒッチハイクで30分かけ朝仁(あさに)の自宅へもどる。そそくさとシャワーを浴び、カヤック回収に車で大浜に戻ったら、水平線はるか彼方にデッカい真っ赤な夕陽が沈むところだった。
 パイナップルのアイスバーを頬張りながら、刻一刻と虹色に変わりゆく夕空を潮風に吹かれながら眺めつつ、懸命に生きた充足の2日間に想いを馳せる。
 満ち足りた達成感に浸りながら、キャンプ道具とカヤック装備品を片付け、カヤックをルーフに乗せロープで固定し、旅の終わりを惜しみ、パドルのロックを外して車の後部席に投げ込んだ。
 片付けが終わり日没から1時間、浜辺の階段に腰を下ろし夕焼けの海と空を眺め、しばらく、そよぐ潮風にふかれた。頭にかけていたサングラスを手に取ろうと……あれっ? 
 車ヘと戻り、座席にもダッシュボードの上にも…サングラスが無い? 
 ん…!ふと屋根に積み上げたカヤック・デッキに目をやれば、置き忘れかけたサングラスのレンズに、真っ赤な夕空が映り込んでいた。 
 風に吹かれ、潮に流され、太陽に照らされた、充足の日々……
しばらくして、暮れなずむ頭上のコバルトの空には、いつのまにか星々が輝き始めていた。

 アァ〜 あの 充足の日々よ 再び!






2019年7月23日火曜日

奄美24景 名瀬〜立神

さて参院選も ひと段落したので
そろそろ本業に戻ります。



 まずは 奄美24景 名瀬〜立神 のスケッチから〜













山本太郎「れいわ新選組」選挙 後 の社会的反応〜その2

山本太郎氏(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

2019年7月23日AM9:00 YAHOOヤフー・トップニュース

★山本太郎、れいわ…左派ポピュリズムの衝撃とどう向き合うか?

石戸諭  | 記者 / ノンフィクションライター

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190722-00135238/

 日本政治に左派ポピュリズム政党が誕生した。7月21日の参院選は日本においても、欧州で吹き荒れるポピュリズムの風が吹くという結果になった。山本太郎、「れいわ新選組」である。比例での得票率は4・6%に達し、既成野党への不満の受け皿となり、政党要件を満たした。大事な点は彼らの主張は、欧米の左派ポピュリズムそのものということだ。

れいわの衝撃

 7月4日の新宿駅西口地下から、「旋風」が起きそうな予感は漂っていた。ニューズウィーク日本版の取材で訪れた私は、予想以上の熱量だったとメモを取っている。山本太郎は参加者の前で声を張り上げる。
 「いまの政治はみなさんへの裏切りだ。20年以上続くデフレ、異常ですよ。物価が下がり続け、消費が失われ、投資が失われ、需要が失われ続け、国が衰退している。デフレを続けてきたのは自民党の経済政策の誤りの連続でしょ」
「生活が苦しいのは、あなたのせいにされていませんか?努力が足りなかったからじゃないか?違いますよ。間違った経済政策のせいですよ。消費税は増税じゃない、腰が引けた野党が言う凍結でもない。減税、ゼロしかないじゃないですか」
「ないところから税金をとるな。金持ちから取れ。誰もが自信を持てない世の中になっている。自分が生きていていいのかと思ってしまうのはどうしてですか?あなたには力がある。諦める前に、チャンスをください」
 そして、彼は何度も「選挙はおもしろくないといけない」と繰り返した。難病患者が国会に行くというストーリー、沖縄の創価学会員が東京で公明党代表に挑戦するというストーリーも「おもしろく」演出することに長けていた。
 全国各地を周り、他の野党候補も積極的に応援しながら、自身への票を掘り起こした。朝日新聞の出口調査によると、応援先の野党支持層から一定数が「れいわ」に流れていることがわかる。
 盛り上がりは7月19日の新橋、7月20日の新宿で最高潮に達したといっていいだろう。ミュージシャンや著名人が応援に駆けつけた。結果的に、与党支持層は切り崩せなかったが、野党の不満はすくい上げた。

上と下の対決

ポイントは最初から最後まで、安倍政権、そして野党の緊縮財政志向を徹底的に批判することに多くの時間を割いたことだろう。デフレを糾弾し、「上」から金を取り、「下」にもっとよこせと訴える。そして、「あなた」に呼びかけ自己責任は無いと言い切る。元俳優、バラエティでも活躍したタレントになって演説のスタイルも巧みだった。
 時に明確な批判対象を設定し、言葉には他の政治家にはない「本音」―と受け取れるような言葉-を盛り込む。先に参照した出口調査によると、40代以下を主要な支持層として取り付けたという。個別の政策はともかく、権威に立ち向かう姿を応援したいという層もいたことは間違いない。
 山本の政策は徹底的な反緊縮と減税である。平たく言えば、デフレ脱却のために、消費税を廃止し、国はもっとお金をかけて財政出動せよというものだ。彼の著作などによると、金融緩和にも肯定的な左派系の経済学者として有名な松尾匡・立命館大教授に学んだことが転機になっている。〜 (以下2019年7月23日AM9:00 YAHOOヤフー・トップニュースを参照されたし。) 

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190722-00135238/

 

 ★ 参院選 れいわ新選組「#新宿センキョ」山本太郎&全候補者 街頭演説(新宿駅西口) 2019.7.20 

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/453695


 ★参院選 れいわ新選組「れいわ祭2」山本太郎&全候補者 街頭演説(新橋駅SL広場) 2019.7.19

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/453532


★2議席を獲得!「れいわ新選組」参院選開票・記者会見

https://www.youtube.com/watch?v=LyC9W8jQH8M

 

●これは国民による国民のための~小さな革命~の始まり。 

山本太郎 れいわ新選組 を 応援しよう!

https://www.reiwa-shinsengumi.com



そして

●浮き世の真実を伝える  IWJ

 IWJ ~Independent Web Journal ~を応援しよう!

 https://iwj.co.jp

 

これでいいのか!〜しゃ・しぃ・首ゅ・しぇ・相〜?

ミスターソンタク…….。