2020年2月18日火曜日

2020年1月5日日曜日

2020年 ごあいさつ

2020年 れいわ2年 子の年 

新年 あけまして おめでとう ございます



 今年の初日の出
厚い雲のすきまから 太陽が顔を出しました。


しばらくして 雲は薄らぎ 
雲の隙間から 陽光が広がり
その光は 無人島を照らしはじめ
島を輝かせます


その光の中 龍神様に捧げた お神酒をいただき 
昨年末に出会った友人の 愛する亡き妻を見送った散骨の岸辺で
彼らの心の平安と 今年の神々の導きを 祈願し
海原と 天に輝く太陽の光へ お神酒を捧げました。

今年 2020年 れいわ2年 子の年が
良き年でありますように。

本年も どうぞ よろしく お願い致します。


伊東孝志





2019年12月27日金曜日

自由への脱走

 ああァ~パソコンや机の前でデザインや絵ばかり描いていると10日間程どこかへ脱走したくなる。
 映画の「大脱走」や「パピヨン」のスティーブ・マックイーン、ドガ役のダスティ・ホフマンのように
「バカ野郎、オレは生きてるゼェ~!」と、空に向かって叫びてェ~ 誰もいない、無人島で…




 ある出来事でソロのシーカヤッキングを2年間もの永き間止められていた。とはいえ我慢出来ず、実はカミさんには内緒でコッソリと密かに、スキあらば漕ぎまくっていたのだが、2年解禁少し前にアルことでお許しがでた。
 彼女に言わせれば、暴漕する私を見守る人が付き添いすれば良いらしい。昔から親に「鉄砲玉タカシ」と呼ばれ、土日祭日は一度家を出ると暗くなるまで外で遊び呆けていた小学58年生である。その性格の迷いは還暦過ぎた今でも1ミリの狂いも無い。

 堂々とカヤックに乗れないので、コッソリとシーカヤック関連のウェブサイトを覗いていたら、千葉・鴨川にあるパドル・ウエーブ&トリップ・ショップ[Cetus/セタス]のオーナー羽鞍太(はくらふとし)こと笠原清孝が、いつのまにか笠原サタン清孝に氏名(うじな)を変えていた。

 フェザークラフト社もフォールディング・カヤック制作販売を終え、時代は常に変化するのは当たり前だが、羽鞍太=フェザークラフトの洒落ッ気が私としてはお気に入りだったのでほんの少し残念である。それに笠原サタン清孝は氏名としては長ったらしいので、サタン笠原と個人的に呼ぶことにした。

 ショップ・セタスのウェブサイト、カヤックコーナー覗けば、なんと日本でフォールディング・カヤックの老舗「フジタカヌー」とコラボして新しくシーカヤック「デルフィーナ・シリーズ」をデビューさせていた。
 仕事そっちのけでウェブサイトのレポートを読み、写真の隅々をド拡大して覗き込み、ある確信を持った私はサタン笠原にさっそく連絡をとり、幾つかの質問の後その日のうちに真っ白い「デルフィーナ159」を発注かけたのだ。 

その確信とは、
まず第一にサタン笠原が発する言動が信頼に値すること。
第二に「デルフィーナ159」が25年前に始めて乗ったファルフォーク製「ベルーガ」にフレーム構造や外形がよく似て「瓜四つ」であること。
第三に白いデッキ本体カラーが可能であること。
第四に溶着と縫製システムが選べること。(もちろんベルーガで経年劣化による縫い目からの浸水で10余年ばかりそれなりに苦労したので今回は溶着システムを選んだ)
そして第五に私ども一般人にとっての船体価格とコスト・パフォーマンスの高低価値である。もちろんパフォーマンスはハイ・クオリティであり信頼おける Made in Japan である。故にあらゆるトラブルに即対応が可能である、というより対応可能であって欲しい。  

 ということで9月下旬、さっそくサタン笠原と共に沖縄中部のとある無人島へ「デルフィーナ159」の進水式とテスト・パドリングを兼ねた2泊3日の久々2年ぶりシーカヤック・キャンプを、カミさんに見送られながら、堂々と某漁港を後にしたのだった。

 念のためカミさんを安心させるため、1泊して明日夕方には戻るかも知れないという解りきったハッタリかましての船出である。今日のつきぬける様な青空に、明後日は新月、明日とあさっての夜は満天の星空である。しかも台風18号近づく3~4日手前、こんな絶好のタイミングを誰が一晩で戻るというのか、悪いがその気は微塵も無いのである。
 無人島の漂着物は宝の山、シャネルなグラサン、ゲット!

浜辺のタイドラインには、漁具をはじめいろんな漂流物が打ち上げられている。絡んだロープ類から釣り具部分を取り出し「より戻し」を手に入れた。細びきを使い自在結びで長さ調節。漂着サングラスも創意工夫の遊び心で見事復活する。あの名作映画「パピヨン」のドガ役・ダスティ・ホフマンの壊れたメガネを彷彿させる。
ゴミと決めつけず「天からの贈り物」と想えばこれはこれでありがたいこと。それにしても釣り具類・漂着物のなんと多い事。釣り糸はもちろん釣り針さえも1ヶ月ほどしたら自然に還る天然素材に出来んンかねシマノ君、東レ、ダイワ君たち… お願いしますよ、良きミライを〜。









2019年11月5日火曜日

FIRESIDE Forever

FIRESIDE 2020 Calendar 

ファイヤーサイド2020カレンダー

  真夜中2時、柱時計の鐘の音にふと目が覚めた。
コットの傍ら、静かに燃える薪ストーブの赤い火を、シュラフに包まれながらしばらく眺める。

 長野・駒ヶ根のとある蔵の中、10月下旬の外はおそらく氷点下の手前3〜4度だろう…雪国の冬の寒さを知らない南の島生まれゆえ、とある想いと薪ストーブとは一体なんなのかを知るために、無謀にも蔵の電気とガスを止めてしまったのだ。薪ストーブひとつで湯を沸かし飯を炊き、ローソクで灯をとる「蔵の生活」は、3回目の冬を迎えようとしていた。

 いつのまにかローソクも燃え尽き、真っ暗闇の中でストーブに数本の小枝とミズナラの薪を2本焼べ足し、立ち上がる赤い火を眺める。
暗闇に燃え上がる炎の暖かい黄色やオレンジ、真っ赤な様々な色合いが、ある瞬間、秋に色づく枯れ葉の色と重なり、枯れ枝と枯れ葉の「アンコールの炎」のイメージが浮かび上がった。


  2008年10月の下旬、真夜中2〜3時半の出来事、そのイメージを忘れまいとローソクに火を灯し、その明かりの下で、この一枚のメモ描きをクロッキー・ブックに残したのだった。



この薪ストーブの世界へ導いてくれた田渕さんとポールさん、そしてファイヤーサイド・スタッフのみんなに向けて 感謝を込め…

FIRESIDE Forever

ファイヤーサイドよ いつまでも




 FIRESIDE ファイヤーサイド
ファイヤーサイド2020カレンダー FIRESIDE 2020 Calendar
ミズナラ、巡るエネルギーと命の物語

http://www.firesidestove.com/products/accessories/2020calendar.html

Photo:FIRESIDE


 FIRESIDE ファイヤーサイド

http://www.firesidestove.com/










2019年11月1日金曜日

フィールダー連載 vol.30 [ Out of The Blue  ]  を読む前に〜

 先月末発売された最新号・連載 vol.30 [ Out of The Blue  ] を読む前に、前号・8月下旬に発売された Fielder47号 連載、SKETCH OF FIELD vol.29 を先に読んで欲しい。

 新しいシーカヤック「Delphina・デルフィーナ159」を手に入れ、無人島へと渡り、新たなる旅に向けて、これからの旅への決意を描(書)いた。



 1975年当時から雑誌や書籍をデザインし、アートディレクターとして編集と共にその核たる方向性の内容構築にも関わった。その関係でその結果、各時代と共にその社会がどう変化するのかを、45年もの長きにわたり、東京のど真ん中にて体験・観察する事になった。
 モノの雑誌とは? アウトドア雑誌とは? 一般的情報雑誌とは? そして出版業界とは? それに関わる広告業界とは? そのすべての関係・制作・流通・経済(金?)の流れ、などなど、おおくの経験を積む事によって、多くの事を学ぶことが出来たのだ。
 
 そろそろ小学生を卒業し、焚き火の暗闇の向こうに見える先の見えない「漂流社会」という得体の知れない怪物に対して「今、目の前に流れ行く社会とは?」いったいなんなのか…を、問いかける旅に出かけようと考えている。

焚き火を愛する友よ この闇の向こうには かならずや夜明けがあり いつか太陽が輝く。

EVERYTHING UNDER THE SUN 

を信じて!

 山本太郎「れいわ新選組」の、政治に対する本気度をご覧あれ!
 *3時間54秒 (画面:1時間51分50秒あたり~)~必見!

山本太郎(れいわ新選組代表)街頭記者会見 大分市2019年10月28日

https://www.youtube.com/watch?v=nXbNd6-CYvs





2019年10月25日金曜日

自由への脱走〜その1・レイアウト・ラフ

フィールダー連載vol.30 [ Out of The Blue  ]  

 今月末ごろ発売予定の隔月刊アウトドア雑誌「Fielder」フィールダー48号に前回ブログ「道草楽描」に描いた無人島でのシャネルなグラサンの内容も含め、サタン笠原と二人で行った無人島シーカヤック・ショート・トリップの旅・初日〜前半の出来事を〜自由への脱走〜とのタイトルで連載2ページ見開きを書(描)き上げた。
 たった2泊3日のショート・トリップだったが、内容的には5〜6ページの出来事に出くわした。まるで映画「パピヨン」のマックイーンが監獄から脱走して捕まり、閉じ込められた独房の様な手狭(ギュウギュウ詰め?)なページになったが、それはそれで次号・後半の連載vol.31につながる面白いページになった。〜つもりである。
 とりあえず発売前につき、デザイン・ラフをご覧あれ。
 連載リニューアルついでに全ての文字、本文・タイトルも含め横組で読める様にデザインした。今や飛行機・機内や電車内の景色を眺めると、十中八九の人々がスマホを覗き込み文章横組みでメールやメッセージを縦スクロールで交わしている。新聞や週刊誌など紙媒体で縦組の文字を読んでいる人は30〜50人の中わずか3〜4人だ。紙媒体を読んでいる人はほとんどが50歳以上で、スマホやパソコンを日常に使う40歳代以下の多くが今や横組で文字を読む時代なのだ。
 決して時代に迎合する気持ちはサラサラないが、スマホやパソコン登場で残念ながら時代は変わってしまったのだと感じる。この私の連載で一人でも多くの読者に対して文字を読みやすく、数少ないリアルなアウトドア雑誌「フィールダー」48号・私の連載ページvol.30の文字全てを横組にチャレンジしてみた。
 あの「パピヨン」のマックイーンが最後に崖から飛び込む気持ちでネ。〜要は何かに向かって突き進む工夫と突然のひらめき、

Out of The Blue

その発見次第なのである。〜と想うよ! ね サタン笠原さん!
 スティーブ・マックイーンと、ドガ役 ダスティン・ホフマンの競演映画「パピヨン」必見だぜ!
*「Fielder」フィールダー48号・10月30日発売予定〜乞うご期待!






2019年10月23日水曜日

台風あとの無人島は宝島!

無人島のシャネルなグラサン

 新しいシーカヤック「Delphina・デルフィーナ159」を手に入れ、無人島へと渡り、2泊3日のショート・トリップを楽しんだ。フジタカヌーの「ALPINA-1」をベースモデルに、千葉・鴨川にあるパドル・ウエーブ&トリップ・ショップ[Cetus/セタス]の〜サタン笠原〜の長年におよぶシーカヤック乗りの経験から彼のアレンジが加わった、最新フォールディング・シーカヤックモデルである。
 「Delphina・デルフィーナ159」の詳しい話はまたの機会にするとして、まず9月下旬にその舟を漕ぎ、サタン笠原と二人で行った無人島ショート・トリップの話をしたい。
 港を漕ぎ出してすぐサングラスを忘れた事に気がついたが、戻るのもメンドくさいのでそのまま島ヘと向かった。距離にして3km、少し浮き気味のデルフィーナを右に左にフリックかけたり、250cmのロング・パドルで風下側遠めのスイープ・パドリングなどのフィーリングを確かめながら遊んでいたら、時間にしてたったの45分ばかりで無人島に着いてしまった。
 上陸してさっそく風を考慮し、キャンプ・スペースを決めキャンプ道具を運ぶ。流木を拾い集めタープを張り、デカい流木の根元近くにカマドを組んだ。ベース・キャンプ設営完成の午後6時少し手前、西の空にはいつのまにか真っ赤な夕陽が沈みかけていた。
 夜に備え薪を拾う途中、偶然にもサングラスを拾った。が、耳にかける左右のツルが無くなっており、左のフレームが割れて左レンズが欠落していた。とりあえずハナメガネにして後ろに振り返り夕陽をのぞいた。途端、後ろからの風でメガネが砂浜に落下、すると落ちたメガネの右斜め1m上に左レンズらしきモノが、砂の中から半分ほど顔を出していた!すかさず拾いハメてみる……おオォ〜ナなんとピ・ッ・タリ!
 港を出る前の30分ばかり、新しい舟による初船出に向け、自分自身と旅の友の心身そしてカヤック本体を酒と塩で清め、旅と航海の安全を「海の神」そして「ウナリ神」に祈願する簡単な「進水式」をやったのが功を奏したのか、その効果がさっそく現れたのだった。おおナンという奇跡!アメェ〜ジングな旅の始まりである。いい流れ、〜 大切なのは 心・が・け かな?